審査時間の短いオススメのローンサービス

 

銀行や消費者金融の審査が不安という方は多いのではないでしょうか。
銀行や消費者金融の審査は厳しいですが、しっかりと対策をしていればスピーディーに審査は完了します。
下記には審査時間が短く、早めに結果が通達されてくるオススメのローンサービスの一覧を記載しました。
お金を借りるローンサービスを利用するのでしたら、下記の4社の中から選ぶことをオススメします。

 

 

新生銀行カードローン レイク

 

新生銀行カードローン レイクは銀行カードローンのため、審査時間が長いと思われがちですが、即日融資もしてくれるローンサービスです。
インターネット申込みの体制が整っており、携帯電話・スマートフォン・パソコンなどから簡単に申し込むことが可能です。
そのため、来店不要で契約手続きを完了させることが出来ますので、お急ぎの方にもオススメのローンサービスとなります。
スピードだけでなく、30日間・180日間の無利息キャッシングサービスもあり、返済額がお得になる点も嬉しいです。

 

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは審査時間が最短30分、最短1時間でキャッシングがご利用いただけるスピード性に優れるサービスです。
スマートフォン・携帯電話・パソコンからのインターネット手続きで契約が完了できるキャッシングサービスとなりますので、お急ぎの方にもオススメとなっております。
プロミスはインターネット申込みをすると電話連絡なしで利用できる会社でもありますので、誰にもバレずにお金が借りられるのです。
審査の結果や契約内容についても郵送物で送ってくることがありませんので、周囲の人にバレることなく快適にご利用いただけます。

 

 

消費者金融モビット

 

消費者金融モビットは電話連絡や郵送物一切なしで申し込めるWEB完結申込みが注目を集めている消費者金融です。
WEB完結申込みでは在籍確認が書類確認で行われるため、周囲の人々にバレることも無ければ、審査時間も短くなっております。
書類の提出が画像のアップロードで完了させられるため、審査時間も最短30分と短くすることが可能です。
また、モビットはカードを発行することなく、借入・返済も全てインターネット操作で完了さられますので、スピーディーにお金を借りることができるでしょう。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はメガバンクのローンサービスですので、審査が長引くイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。
インターネット申込みをしますと最短30分で審査が完了することもありますので、むしろ審査時間は短い方です。
三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は金利が年4.6%〜14.6%と低いだけでなく、即日融資もしてくれる銀行カードローンなので、オススメとなっております。
インターネット申込みに加え、テレビ窓口を使えばローンカードの即日発行をすることも可能ですので、すぐにカードローンサービスが利用可能になるのです。

 

 

以上の新生銀行カードローン レイク、プロミス、モビット、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はいずれの会社も審査時間が短く、すぐにお金が借りられるようになるローンサービスです。
ローンを早めに利用して、すぐにお金が借りたいという方は、ぜひ上記の4社のご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

SIMガール

 

借入審査とは

ローンサービスには様々な形式のサービスがありますが、現時点で主流となっているのは保証人・担保が不要なローンサービスです。
多くのキャッシング会社が提供しているカードローンサービスでは保証人や担保が必要ないため、申込みやすくなっております。
ただ、消費者金融・銀行としても、返済の見込みが見込めない人にお金を貸すわけにはいかないのです。
保証人や担保があれば、それらで返済分を補填することは可能ですが、保証人・担保がないのですから返済が受けられません。
そういった事態を回避するためにも、消費者金融・銀行は申込者に返済能力が有るか確認するために、借入審査を行っているのです。

 

借入審査といっても、近年ではインターネットによるやり取りのみで完了させられることが出来ますので、手間や時間はかかりません。
ですが、各消費者金融・銀行の審査基準を満たしていないと審査通過することが出来ないようになっております。
担保・保証人が不要なため、利用者本人の返済能力などが慎重に確認されるなど、審査は厳しいものになっているのです。

 

ですが、ご安心ください、「返済能力」を示すことで審査通過が可能となります。
「返済能力」が有るか否かを消費者金融・銀行がどうやって判断するかというと、利用者の収入状況などから判断しているのです。
申込者が何らかの職業に就いていて、毎月収入を得ていることが確認できれば、利用を認めてくれますので、それほど審査基準を満たすことは難しいことではありません。

 

各消費者金融・銀行が注目しているのは収入の「安定性」となります。
そのため、アルバイト・パート・派遣・契約社員・自営業といった職業であっても、収入が安定していれば問題ありません。
収入が安定していれば、正社員と同様にアルバイト・パート・派遣・契約社員・自営業の方々も審査において返済能力が認められます。
逆に、無職や収入が安定していないという方は審査通過が見込めないのですが、アルバイトなどを始めれば問題ありません。
自分が審査に通過できるか自信が持てないという方は、アルバイトを副業で始めたり、シフトを調整したりすることで収入を安定させましょう。

 

総量規制と借入審査

総量規制というのは主に消費者金融を対象とする規制のことです。
内容としては「利用者の年収の三分の一を超えるお金」の貸し出しを制限するという規制になっております。
そのため、この総量規制の影響を受ける消費者金融では借入額の設定時に、利用者本人の年収額も影響を与えるのです。
高額な融資をしてほしい、けれど年収が少ない…そういった方は総量規制の影響を受けない銀行カードローンを選ぶとよろしいでしょう。

 

なお、総量規制は利用者本人に年収が無ければ、借入額を設定できません。
つまり、自収入がない専業主婦(主夫)の方は総量規制の影響で、消費者金融の審査に通過できないのです。
そのため、専業主婦(主夫)の方は総量規制の影響を受けない銀行カードローンを利用していくことになるでしょう。

 

増額審査とは

実は借入審査以外にも審査が行われることがあります。
消費者金融・銀行で初回に設定された限度額以上の設定にして貰う際に「増額審査」という審査を受けることになるのです。
この増額審査ですが、より高額な限度額設定になることもあり、審査基準は厳しく、時間もかかる傾向にあります。
それでも増額を希望する方は、キャッシングを利用している上で返済を延滞させることはないようにしましょう。
銀行・消費者金融は返済実績が良好な方に対してでしたら限度額の増額を認めてくれますので、返済をきちんと行うことを意識することが必要です。
ただ、増額審査に通過するためには、時間をかけて返済実績などをつけて信用を得る必要があります。
信用を得るためには時間をかける必要があり、すぐにでも追加融資をしたいという方にとってはもどかしいことになるかもしれません。
すぐに追加融資を受けたいという方は、現時点で利用している消費者金融・銀行以外のローンサービスに新規申し込みをしてみるという方法もあります。
皆様の状況に併せて、増額するか新規申し込みするかをご検討してみてください。